目抜き通り(めぬきどおり)の歌詞が美しいシンメトリー!Mステ出演も!椎名林檎とトータス松本

公開日: 

椎名林檎とトータス松本の初デュエット曲「目抜き通り」(めぬきどおり)。

何回聞いても幸せな気持ちになる最高な曲です。

そして歌詞も公開され、その美しさと世界観に感動しました。

スポンサーリンク

歌詞が美しいシンメトリー

著作権の関係上、当記事に全掲載できませんが、ここの特設サイトから見ることができます。

「目抜き通り」特設ページ

日本語らしく縦書きで、右から左へ記載してあり、そして何より美しい左右対称の歌詞。

また、1文1文が同じ文字数で、縦の長さもピタッと揃えてあります。

歌詞を目でも楽しませてくれ、その遊びごころと感性が本当に素敵です。

楽しいけど切なくなる

曲は踊り出したくなるような弾けた感じなのですが、歌詞は何とも言えないようなキュッと切ない感じ。

その理由は、

「生きている間ずっと」

「ああ いのちの使い道は」

「あの世でもらう批評」

「最期の日から数えてみて」

といった命のことを強く意識した歌詞だからです。

「いのちの使い道」なんて普段考えないで過ごしていますから、ハッと思ってしまいますね。

奥が深いと言いますか、忘れがちな気持ちを思い出させてくれる歌詞です。

椎名林檎とトータス松本のコメント

お二人のスペシャルインタビュームービーも公開されています。

一流ほど、こうべを垂れるとはこのことでしょうか。お二人ともまぁ謙虚です!

椎名林檎の「10代の頃の夢が叶って感無量です。」というコメントに対して、トータス松本の「僕も40代の夢が叶いました。」のおしゃれな返し。

椎名林檎とトータス松本の年齢差は?初デュエットに至ったワケ
「椎名林檎とトータス松本の初デュエット曲が完成!」という素敵なニュースが飛び込んできました!動画をさっそく観たのですが、まぁ〜オシャレで楽しくて、思わず心が...
この曲を椎名林檎が制作するにあたり、東京というものを国際的に客観的に考えたら、彼しかいないと考えて、オファーし、そして承諾を得てから着手したとのこと。

つまり、トータス松本のために書き下ろした曲とも言えますね。

その通り、曲は2人の声に合って、うまく重なって、まさしく唯一無二の合作となっています。

これに対し、トータス松本の感想は、

「根拠もなくオファーが来ることを楽しみにしていたから、ついに来たと思った。」

「どんな曲が来ても最大限の自分のパフォーマンスで応えたい。」

「繊細で弾けててユニークな楽曲で、絶対自分には書けない。」

と、大絶賛のリスペクト。

もう、相思相愛ですね。

Mステ出演も!

4月28日にはMステにも出演することが決定!

ノリノリな曲なので、振り付けやダンスもあるのでしょうか。

どちらにしても、きっと最高の演出を見ることができると思うので、もう期待しかありません。

まとめ

楽曲はもちろんのこと、歌詞の世界観も美しい素敵な曲「目抜き通り」(めぬきどおり)。

そこに、予想外だけれども、究極にマッチしたトータス松本の迫力ある声が加わって、相乗効果も抜群。

いつも、キラキラした輝いている日本を魅せてくれる椎名林檎の力量に、本当に感動します。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑