「ごぶごぶ」6月6日の相方、実は大阪出身のダウンタウンに憧れた笑いの職人とは?

公開日:  最終更新日:2017/06/03

関西ローカルの浜田雅功の番組「ごぶごぶ」。

毎度相方が変わるシステムとなりましたが、6月6日放送の相方は、「実は大阪出身のダウンタウンに憧れた笑いの職人」と発表されました。

いったい誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

目撃情報はなし

浜田雅功が街をブラブラする番組なので、毎回、放送前に何かしら目撃情報があるのですが、今回はまったくありません。

もしかしたら、街を歩かず、お店の中でのみの撮影だったかもしれませんね。

出ている情報

これまでに出ている情報は以下の通り。

・男性
・実は大阪出身
・ダウンタウンに憧れて芸人になった
・24歳で上京
・笑いの職人
・俳優としても活躍

そして、顔のシルエットはこういう感じです。

輪郭が丸いので、少しぽっちゃりした方ですね。

予想される人物

これらの予想で、予想される人物は・・・

「ドランクドラゴンの塚地武雅」ではないでしょうか。

塚地は人力舎所属、芸歴21年目の45歳。

ダウンタウンとは9歳の年の差です。

大阪出身で、普通に就職するも、やっぱりお笑いをやりたいと、24歳で事務所の養成所に入学しました。

俳優としてテレビや映画に多数出演し、その演技力にも定評がありますね。

映画のインタビューでも、「ダウンタウンが大好きで、昔ラジオ番組にハガキを送っていた」と答えていました。

そのラジオ番組内で、実際にハガキを読まれたことがあり、「おもろい」と言ってもらったことが、お笑いをやりたいというきっかけになったとのこと。

ハガキを読まれることも凄いですが、そこで、認めてもらったことで人生が決まったことも凄いですね。

本当にダウンタウンの影響力は、大きいです。

▶「ごぶごぶ」6月6日放送の予告の動画

この声や話し方から言って、やっぱりドランクドラゴン塚地に似ていますよね。

ほぼ決定ではないでしょうか。

しかし、気になるのは「実は」大阪出身というヒント。

実はどころか、もろ大阪出身なのにな、と思います。

番組内では

「大阪のスポットを知りたい!」というテーマに「北新地」の隠れ家的名店へ。

ダウンタウンのラジオ番組が好きだったということから、その日もハガキを持参し、浜田雅功に読んでもらうという内容。

当時のラジオ番組のファンにとっても、見ごたえのある内容ですね。とても楽しみです。

まとめ

以上のことから、6月6日放送の「ごぶごぶ」の相方は、ドランクドラゴンの塚地であることが濃厚です。

「目撃情報がないこと」と、「実は大阪出身」という2点から、予想は100%と言い切れませんが、ほぼ間違いないと思います。

レギュラー番組として復活してから、初の芸人が相方となりましたが、今回も面白そうですね。

「ごぶごぶ」で紹介していたわらび餅のお店はどこ?ゲストはTM西川貴教
2017年5月30日(火)放送の「ごぶごぶ」。浜田雅功が、ゲストの相方と一緒に街をブラブラするロケ番組です。今回は、ゲストのT.M.Revolution西川貴教と一緒に京都の美味...
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑