「ボク運」ノリのいいロカビリー調の曲は?洋楽?ドラマオリジナル?

公開日: 

日テレドラマ「ボク、運命の人です」もいよいよ終盤ですね。

一生懸命”何か”を頑張る誠(亀梨和也)と、そのアドバイスをするゆる〜い神(山下智久)の掛け合いがもう見れなくなると思うと、なんだか寂しいです。

そんな中、劇中にいつもかかっているノリノリの曲がなんだか気になる〜。ということで調べてみました!

スポンサーリンク

ロカビリー調のあの曲は?

「ボク、運命の人です」は、主題歌の「背中越しのチャンス」が12年ぶりの亀梨和也と山下智久のタッグということもあり、話題沸騰ですね。

他にもクラシックがたくさん流れたり、急にロカビリー調のノリノリな曲が流れたり、音楽の幅が広いドラマです。

ノリノリな曲は、この動画にも流れている曲です。

最初、エルビス・プレスリーの歌なのかなー?と気になって色々探したのですが、なかなか見つからず・・・。

ないな〜、と思って諦めていたのですが、最近ドラマのサウンドトラックCDが5月31日に発売されていることに気づき、改めて探してみると、1曲目に収録されていることを発見ました!

タイトルは「運命の人」。

つまり、このドラマのために制作された完全オリジナルということなのですね。

でも、どなたが歌っているのでしょうか。洋楽っぽいけれども日本の方が歌っているのでしょうかね。

このサントラは27曲も収録されていてボリューム満点。ドラマの中では、実はこんなにたくさんもの曲が使用されているのですね。

他にも小ネタがたくさん

誠と晴子(木村文乃)が運命で結ばれているという設定なのですが、実は部屋の中にも運命がチラホラあるそうで。

なんと、カーテンや、ベットのシーツカバーが色違いで同じ柄なんだそうです。

趣味もバッチリ合っています。どうりで何だか雰囲気も似ているんですね。

まとめ

「ボク運」のノリのいいロカビリー調の曲は、ドラマのサウンドトラックCDに収録されている、「運命の人」というタイトルのオリジナル曲でした。

これでスッキリです!

ドラマも残りあとわずか。晴子と結婚まで進めるのか?そして、神の正体はいったい何なのか?

最終回に向けて気になることがたくさんあるので、まだまだ楽しめそうです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑