神様ポイントって何?元SMAP中居正広がラジオで発した名言

公開日: 

早いもので、SMAPが解散してから半年が経ちましたね。

未だに、「元SMAPの〜」という言葉に慣れませんが。

そして、6月18日、ついに稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人がジャニーズ事務所との契約を終了すると発表され、話題となりました。

その次の日には、木村拓哉が追突事故を起こしてしまうという悲しいニュースも・・・。

リアルタイムすぎてびっくりしましたが、このSMAP関連の連続ニュースに、ネット上でのコメントには「神様ポイント」という言葉がたくさん並びました。

いったいどういう意図で、なぜこの言葉が多く使われているのでしょうか?

スポンサーリンク

ネット上でのコメント

SMAP関連のニュースのコメントには「神様ポイント」という言葉がたくさん使われていました。

「SMAPは報われないとね!神様SMAPに神様ポイントいっぱいいっぱいあげてね。」

「俺のなけなしの神様ポイントでよければ幾らでも差し上げますから。 これ以上5人に何もしないでください。」

「今から私もSMAPさんの為に神様ポイント貯めねば!!!」

「25年で神様ポイントたまりきってる、交換しないとね。」

と、神様ポイントでSMAPを救って欲しいという声や、

「神様ポイント貯めると思ってがんばろう。」

「神様ポイントか・・良いなそれ。。見習おうかな」

「今日も楽しんで神様ポイントを貯めていくぞ~」

と、自分自身に課している声も。

中居正広が発言した言葉

では、なぜいったいこの「神様ポイント」が多用されているのでしょうか。

調べたところ、事の発端は、ラジオでの中居正広の発言した言葉でした。

それは、6月10日放送の「中居正広のON&ON AIR」にて。

中居正広は「誰も見ていなくても、いいことをしたり、誰かに優しくしたときに、心の中にポイントを貯めている」と発言。

その理由は、「そうしないと優しくなれないから。」

良い考え方ですね。まさに「徳を積む」「お天道様は見ている」の考え方です。

これを心掛けているからこそ、芸能界でアイドルとしても司会者としても成功しているんでしょうね。

「自分のことだけしか考えない人」は限界値が低いですから。

そして、去年から加熱している嘘かホントか分からない報道で、おそらく辛いと予想される現在でも、この考え方が根底にあるからこそ、プロとしてテレビの前で笑顔でいられるんでしょうね。

魂のレベルが高いとはこのことでしょうか。

まとめ

「神様ポイント」とは、中居正広がラジオで発言した言葉。

SMAPファンがその考え方に賛同。

6月は立て続けにSMAP関連の記事が多かった。

ファンがそれを絡めてコメントをした。

という流れで、その結果、やたらと目にしたんですね〜。納得です。

この「神様ポイント」っていう響きも良いですよね。

目に見えないからこそ大事に丁寧に、日々コツコツと貯めていきたいものです。

📎

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑