カンナさーん!の青ちゃん先生役の工藤阿須加ってどんな人?要潤と三角関係に?

公開日: 

渡辺直美主演のTBSドラマ「カンナさーん!」。

このドラマをより一層、マイルドでほんわかな良い空気にさせているのが青ちゃん先生(工藤阿須加)の存在。

カンナの息子、レオが通う保育園の先生です。

気弱ながらも、子供大好き、そしてカンナさん大好き(?)な先生に毎回癒やされます。

そんな青ちゃん先生こと青田壮介役を演じているのが工藤阿須加。爽やかで短髪でシュッとしてて・・・まさに適役ですね。

いったいどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク

工藤阿須加ってどんな人?

青ちゃん先生役の工藤阿須加は、埼玉県出身の25歳。

イケメンで顔が小さく、スタイルも良いですが、彼を紹介するなら、

「父が、プロ野球チーム・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康である」

ということが一番の特徴ですね。

目の辺りが、ほんとそっくりです。

5年前の2012年、当時20歳の時に、山田涼介と鈴木京香のダブル主演ドラマ「理想の息子」で俳優デビュー。

その後、本人は野球経験はまったくないのですが、やはり父親の関係もあってか、野球選手の役も演じています。

実は、俳優をする前は、野球ではなくテニスのプロを目指していたんですね。

しかし、怪我のためその夢は諦めてしまいました。

とてもイケメンなので、もしかしたら錦織圭に続き、第2のテニスの王子様として注目されていたかもしれませんね。

しかし、神様はテニスではなく、俳優業に導きました。

つまり、俳優業が向いていて、そこで成功していくということなんでしょうね。

青ちゃん先生はカンナさんが好き?

ドラマの中では、名前が青田壮介なので「青ちゃん先生」と呼ばれています。

そして、保育園のユニフォームである青いポロシャツをいつも着ています。

なので、青ちゃん先生という呼び名がしっくり来るし、覚えやすいですね。

そんな青ちゃん先生ですが、カンナさんのことを、肯定的な目線でいつも優しく見守っています。

第1話では、ただ単純にレオ君ママとして好きなのかな、というくらいでしたが、第2話では、ちょっと様子がおかしかったですね。

カンナさんのインスタグラムを、本人であることを隠してフォローして、いつもコメントしていることが発覚したし、(IDはblueberry0218、ここでも青。笑)

ピンチの時に駆けつけて来てくれたし、

カンナさんの仕事の後輩に、「(カンナさんって)良い人ですよね〜」と円満のニコニコ笑顔で言った後、あ!という意味深な表情もしました。

なので、第2話が終わった段階では、もしかして、そうなのでは〜というフラグが立っています。

でも、個人的には、

「カンナさんは元ダンナさんのことが好きだから、その気持ちを尊重してあげよう」

と、ずっと優しいレオ君先生のままで居て欲しいですね。

まとめ

カンナさーん!の青ちゃん先生役の工藤阿須加は、工藤公康のイケメン息子さんで、過去にプロテニスプレーヤーを目指していたこともある、今年でデビュー6年目の俳優でした。

笑顔が爽やかで、見ていて癒される青ちゃん先生。

結構出演シーンが多いので、ストーリー展開に重要な役どころになっていくと思います。

果たして、カンナさんとの恋の行方はあるのでしょうか。

今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑