鬼龍院翔が恐れるバンド「オメでたい頭でなにより」とは?関ジャムで紹介

公開日: 

2017年8月20日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」で、「次来るアーティスト10」が特集されます。

プレゼンするのは、いとうせいこう、鬼龍院翔、もふくちゃん、遠山大輔、行達也、大塚智昭の6名。

その中で、ゴールデンボンバー鬼龍院翔が恐れる存在として、あるバンドをピックアップします。

いったいどんなバンドなのでしょうか。

スポンサーリンク

3つの声を操るおふざけバンドとは?

ゴールデンボンバー鬼龍院翔が「そこそこのブレイクであって欲しい」と願う存在のバンド。

次来るアーティストだけれども、自分たちよりは売れて欲しくないという思いがあるようです。(笑)

関ジャム内では、「両声類ボーカル」「3つの声を操るおふざけバンド」と紹介されていましたが、そのバンドを調べたところ、

「オメでたい頭でなにより」

であることが分かりました。

バンド名・・・。(笑)

「オメでたい頭でなにより」とは?

オメでたい頭でなにより」とは、2016年8月から始動した5人組のロックバンド。

ボーカルの赤飯(せきはん)は、ニコニコ動画を中心に活動している両生類の声の持ち主。

男性の声も女性の声も両方持ち合わせており、それ以外の声も出せることから「七色の声」とも言われています。

ただ、色々な声が出せるだけではなく、歌も上手い。

そのクオリティの高さはすごくて、ニコニコ動画では、とても有名人なのだそうです。

その声の特徴が分かりやすいのは、大塚愛の「さくらんぼ」のカバー。

女性の可愛らしい声からのシャウトは、衝撃で、トラウマもんです。(笑)

いや〜でもカッコいい。そして、なぜかクセになってしまいます。

今年からは、オリジナル曲をリリースし、7月にはミニアルバムをリリース。

今ノリに乗っているバンドとも言えますね。

バンドとしてもそのクオリティは高いのですが、いかんせん色々なモノをパクって(?)います。(笑)

でも、やっぱりカッコいい。

まとめ

関ジャムで鬼龍院翔が紹介したバンド「オメでたい頭でなにより」とは、ボーカルもバンドもクオリティの高い、おふざけなバンドでした。

その曲やミュージックビデオなどに共通するのは、「オメでたい」こと。

何より本人達が楽しそうなことが、一番の魅力ですね。

衣装やグッズも紅白のものが多いので、これは、年末の紅白歌合戦の出演も近い将来なのではないでしょうか。

これは、ゴールデンボンバー危うしですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑