ご当地納豆の究極の商品は?マツコの知らない世界で紹介!

公開日: 

日本が誇る最高峰の健康食と言えば、「納豆」。

2017年8月29日放送回の「マツコの知らない世界」では、その納豆の魅力の虜になったという石井泰ニ氏が出演。

3500種類もの納豆を食べてきたという彼が、納豆の世界を紹介してくれます。

番組で紹介されたご当地納豆の究極の商品とは?

スポンサーリンク

石井泰ニ氏とは

納豆に魅せられて、全国各地を渡り歩き、3500種類もの納豆を食べてきたという石井泰ニ氏。

その数も凄いのですが、その前に、そんなに納豆の種類があることに驚きです。

そんな大量の納豆情報を、なんと納豆だけのウィキペディアを立ち上げ、まとめているとのこと。

そのウィキペディアはこちら→納豆ウィキペディア

本当にマニア、オタクですね〜。

そのサイトでは、都道府県別、粒の大きさ別などのまとめられていて、一品一品の味や香り、製造者や購入場所など細やかな情報がまとめられています。

その他、twitterやブログでも、日々納豆の情報発信をされています。

ブログ→七転納豆

紹介されたご当地納豆

番組内では、さまざまな納豆が紹介されます。

マツコも「これ美味い!」と大絶賛された商品はこちら。

青森納豆 ひきわり

青森市の納豆製造業「かくた武田」の納豆です。
糸引きは強く、泡立ちも良好。ひきわりで、割り粒は大きめ。

かくた武田 「青森納豆」 | まるごと青森
かくた武田 「青森納豆」。まるごと青森では、青森県の観光・物産・グルメなどを「まるごと」ご紹介します。

遊作納豆

東京都府中市の納豆です。

粒ぞろいが美しく、渋めの大豆の香りがします。極小粒(長径8ミリ)で固め、歯ごたえしっとり。

なによりも、このパッケージのロゴデザインがすばらしいですね。

手造り大力納豆

新潟県魚沼市の「株式会社 大力納豆」が製造元。

納豆臭しっかりの、小粒(長径9.5-10.5ミリ)で程よい固さで、歯ごたえはもっちり。

特選手造り 塩納豆

加藤敬太郎商店の塩納豆。これは、テレビでも良く取り上げられる商品とのこと。

中粒の納豆と、糀(こうじ)、昆布、塩がすでに混ぜ合わせて入っています。

これをごはんに混ぜ込んで食べれば、もう、おかずなんていらないかもしれません。

そして、体にも良いなんで、それこそ究極の健康食ではないでしょうか。

まとめ

スーパーやコンビニで安く手軽に買える納豆。

日本人にとってはあまりにも身近すぎて、見落としがちな存在です。

実は美容効果や記憶力向上の効果も期待できる、すぐれた食品なんですね。

納豆の効能は?健康にいいの?キナーゼとは何?
納豆は健康に良いって良く聞きますよね。あの国民的スターのトップアイドル、キ○タクさんも、毎日納豆を食べているそうです。あるテレビ番組内で、女子中学生に「何でそ...

今回の「マツコの知らない世界」で、さらにご当地納豆の世界も広めて、美味しくて健康に良い究極の納豆を体に取り入れましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑