「ごぶごぶ」北海道で行ったいくら丼のお店の場所は?尼神インター渚オススメ

公開日: 

「ごぶごぶ」北海道スペシャルはケンゴローメンバーと一緒に札幌の街をブラブラ。

そのメンバーとは、尼神インターの誠子と渚、ダイアンの西澤と津田、玉巻アナウンサーの5人です。

和気あいあいとしていて楽しそうでしたね。

そして、みんなで食べていた「いくら丼」のインパクトがまぁ凄かったです。

そのお店の場所はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

ラーメン屋の次に訪れた場所

このいくら丼のお店は、尼神インター渚の「満腹にさせてあげたい」という場所。

くじ引きでダイアンの西澤が引きました。

先に、ラーメン屋に行ったばかりですから、あいにく食べ物系が続いてしまいましたね。

▶ラーメン屋の場所はこの記事にまとめてあります。

「ごぶごぶ」北海道で訪れたラーメン店は?浜田雅功とケンゴローメンバー
「ごぶごぶ」9月5日・12日放送のロケ地は北海道。「北海道ゆかりの人ですかね?松山千春さんとか。」と今回の相方に期待していた浜田雅功。しかし、待っていた相方は、...

このいくら丼のお店の名前は、「海味はちきょう

札幌市中央区南3条西3 都ビル1

場所は、時計台から歩いていけるところで、居酒屋など食事処が密集している地帯の中にありました。

海味はちきょう

尼神インター渚はテレビでこのお店が出ていたのを見て、行ってみたいと思ったとのこと。

「衝撃でウワァ!と言いますよ!」と断言。

このお店は、浜田雅功も知っていて、「衝撃やもんな」と同感。

雰囲気のある海鮮料理屋の中で最初に出されたのは、白い飯のみ。

そして、それに丸坊主の店員さんが、ボールいっぱいのいくらを、「ストップ」と言われるまで乗せ続けるというパフォーマンス。

「おいさ!」「おいさ!」と掛け声をかけながらどんどん乗せ続けます。

「ストップ」と言わなければ、溢れ出すギリギリのところまで。

その大盛りのいくら丼には思わず「ウワァ!」と言ってしまいそうです。

これがこのお店の名物で、料理名は「つっこ飯(大)」4,990円(税込み)。

5人で分けても贅沢なほどの量のいくらで、それを美味しそうに頬張っていました。

いくらが好きな人にとっては、たまらない一品ですね。

さすが北海道といったところです。

このお店は、いくら丼が名物ですが、コース料理をはじめ、その他の海鮮料理もたくさんあるので、北海道の海鮮を味わいたかったら、ここは間違いないと言えるかもしれません。

まとめ

「ごぶごぶ」のロケ、北海道で行ったいくら丼のお店の場所は、時計台から歩いていける、「海味はちきょう」というお店でした。

実は、地元の人はあまり行かず、観光客向けの居酒屋なのだそう。

確かに、5,000円近くもする大盛りのいくらを頼むなんて、観光ならではですよね。(笑)

いわゆる「穴場」ではありませんが、北海道に行って、美味しくて大量のいくらを食べたかったら、ここは外せない場所です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑