東京タワーのライトアップの費用はいくら?スマステ最終回にサプライズカラー

公開日: 

2017年9月23日(土)、16年間続いたSmaSTATION!!が遂に最終回を迎えました。

そんな中注目を浴びたのは、香取慎吾の後ろに映る、東京タワーのカラーが青と黄色のスマステカラーになっていたこと!

これには、東京タワーが大好きという香取慎吾も涙目で喜んでいましたね。

そこで気になったのが、そんなに東京タワーの色を変えるのは難しいのか?ということ。

いったいいくら払うと変えることはできるのでしょうか?調べてみました!

スポンサーリンク

東京タワーのライトアップ

東京タワーのライトアップと言えば、「オレンジ色」の印象が強いですよね。

しかし、最近では、土曜日の20:00〜22:00限定ですが、色を変えてライトアップしているようです。

その色は赤・白・黄色・緑・青・赤紫・青緑の7色。

ということは、「色を変えること自体は不可能ではない」ということですよね。

しかし、色々と調べた結果、東京タワーを管理・運営している日本電波塔株式会社の広報によると、「公共性があるので、宣伝色が強いものや、個人の依頼は受けつけられない」ということでした。

つまり、NHKのようなもので、宣伝に使用はできず、また、個人的にプロポーズなどでサプライズ演出もできないということですね。。。

過去には、2020年のオリンピックが決まった時や、Jリーグ開幕20周年といった時にも限定カラーがライトアップされています。

つまり、公共性の強いイベントやキャンペーンでのみ、特別カラーを見ることが出来るようです。

最近では、サッカー日本代表への応援を込めたサムライブルーのライトアップがありました。

ですので、費用はいくらという概念はなく、いくら積んでも受け付けません。といったところでしょうか。

スマステカラーは無料

そんな東京タワーが、テレビ朝日の1番組のために色を変えたともなれば、それはそれは大事件ですよね。

実は、その日は土曜日で、通常スケジュールでは20:00〜22:00まで緑でした。

緑はなんと香取慎吾のイメージカラーでもあります。

すごい偶然ですよね。しかしスマステは23:05〜。惜しい。

ということで、ファンがスマステの放送時間の間、1分でも緑色にして欲しいと、働きかけていたようです。

「個人の希望は受け付けない」という姿勢だった東京タワーでしたが、恐らくその数が膨大だったのか、緑とまではいかなかったものの、スマステカラーの青と黄色で、サプライズライトアップをしてくれました。

これには感動しましたね。

影響力を考慮して、例外として「公共性」とみなされたのでしょうか。

次の日の放送作家の鈴木おさむ氏のブログでも

「なんと東京タワーさんからの気持ちで。無料で。最終回に東京タワーをスマステに染め上げてくれて。」

と「無料」だったことが明らかになっています。つまり、費用云々ではないということですね。

それにしても暖かい、粋な計らいだと思います。さすが日本のシンボル、東京タワーです!

しかも、嘘か本当か分かりませんが、24:30に消灯した後、一瞬緑色に見えたという声も挙がっています。

もし本当だったら、それこそ感動しますね。

まとめ

東京タワーのライトアップは、公共性があるため、個人や宣伝の依頼は受け付けられないということが分かりました。

つまり、費用は「ない」ということです。

東京タワーも巻き込んで16年間の幕を閉じた「SmaSTATION!!」

切ないですが、とても印象に残る最後でしたし、いい番組だったなと思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑