これって夏バテ?こんな症状が出たら要チェック!!

公開日:  最終更新日:2016/11/06

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_m

暑い夏が続いてなんだか体がだるい、重い・・・。
これって夏バテ?それともただの疲れ?

そんなあなたのギモンを解決します。

夏バテとは?

人間には体の体温を一定に保とうとする力があります。
それが、急に真夏の高温多湿な状態に置かれたり、その状態が長く続いたりすると、体が対応しきれなくなり、たまった熱をうまく外に出すことが出来なくなっている状態のことを夏バテといいます。

それによって、体が不調になり、さまざまな症状が出ます。

夏バテの症状

夏バテの症状には、次のものが挙げられます。

食欲がない
体温を一定に保とうとする力は、自律神経の働きによるものです。
それが、うまく働かないことにより、胃腸の働きが低下します。

頭痛・めまい
水分不足や自律神経が疲れることにより、頭痛やめまいの症状がでます。

疲労感・体がだるい・無気力
自立神経がうまく働かない状態になると、体全身に影響を与えるため、何もやる気が起きなくなったり、疲れがとれなくなったりします。

スポンサーリンク

夏バテを乗り切るには?

一番の方法は、体温調節がうまくいくようにすることです。

具体的には水分を良く摂取し、汗をちゃんと蒸発させるために湿度を低くすることです。

ペットボトルの水を常備しておき、気づいた時に飲むようにしましょう。
そして湿度は、エアコンで調節できますので、部屋にいる時はエアコンの湿度を低く設定しましょう。
その時には、温度を下げすぎないように。
オフィスなど自分で調節できない場合は、羽織るもので体を冷やし過ぎないようにしましょう。

まとめ

ひどくなると、嘔吐や下痢になってしまうこともある夏バテ。

普段は、体が自然に体温調節を行ってくれるので、あまり意識しないと思います。
ですが、高温多湿になると人間の体の対応力が弱まってしまうということを心得て、正しく体温調節が行えるような環境を整えることが大事です。

自分の体を大切にして、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑