世界のソニーを作り上げた井深大と盛田昭夫

公開日:  最終更新日:2017/01/21

13092070_883652791744926_3748688256144758529_n

ソニーと言えば、言わずと知れた世界を代表する大企業。
あのアップルも、ソニーをお手本としてリスペクトしています。

そんな日本発の誇るべきソニーを作り上げた2人の人物について、まとめました。

井深大と盛田昭夫

読み方は「いぶか まさる」と「もりた あきお」。

井深大は、今から108年前の1908年、栃木県に生まれる。
盛田昭夫は、その13年後、1921年に愛知県に生まれる。

戦時中に技術者同士として出会っていた彼らは、戦後再会し、1946年、品川区内で、東京通信工業株式会社を設立する。

1958年に、ソニー株式会社に社名を変更。
1960年に、アメリカに販売会社を発足。

以降、日本初・世界発の商品を次々と開発し、成功を収めます。

ソニーの何がすごいの?

「今、どこにもないものを作る」ことを社訓として、日本初・世界初の商品を次々と作り上げました。

良い物を作ることに力を注いだ井深大。
経営者や国際人としての資質を持った盛田昭夫。

この2人の才能の開花により、ソニーを世界企業へと成長させました。

代表的な製品

トランジスタラジオ、トリニトロンテレビ、ウォークマン、CDプレーヤー

これらがなければ、今の便利な電化製品はないと思うとゾッとしますね。。。

スポンサーリンク

井深大の名言

ヒット商品は、時代に迎合しない新しい発想から生まれる
ソニーもホンダも叩かれて強くなった
人生で一番の幸福は、仕事と趣味が一致すること。その仕事に興味が持てなかったら、早く足を洗う。そうでなければ、何とか仕事を自分の恋人にしよう、というぐらいの覚悟を決めるしかない。

盛田昭夫の名言

学校の秀才が必ずしも社会の秀才ではない
相手の電波が何チャンネルに合っているかを知って、その電波を出せば、ちゃんと受信する。それがコミュニケーションだ
成功するかしないかは、ただ我々の意志の強さと努力にかかっているのだ

井深大と盛田昭夫をもっと知りたいなら!

ソニー歴史資料館
東京都品川区にあります。完全予約制ですが、入場料は無料です。

ソニーのモノづくりの精神を感じたいなら、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


人間 井深大 (講談社文庫)

天才発明家の真髄を理解できる一冊。ソニーの経営の傍ら、障害者支援や幼児教育にも取り組んだ、その人間としてのあり方を深く追求しています。


盛田昭夫語録 (小学館文庫)

日本の技術力を世界に知らしめた、販売の神様の語録。
世界に通用するビジネスとは?の答えが欲しいなら是非読むべき一冊です。

まとめ

外国人でも発音しやすいからという理由で「ソニー」
そんな社名から、世界へのおもてなしが感じられます。

自分の才能を見極めて、それが開花される場所や人と出会う。

そのことがいかに大事かを教えてくれる2人の人生です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑