TOEICのオススメ文法本、文法特急を1ヶ月やってみました。

公開日:  最終更新日:2017/01/22

前回、37歳からのTOEIC勉強法【完全版】のステージ2に倣って金のフレーズを1ヶ月間やってみた結果、うまく語彙力を増やすことができたので、次は文法のステージ3へ。

 参考:TOEICの語彙力をつけるには、金のフレーズを強くオススメします。

TOEICのオススメ文法本としても有名な、「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」を1ヶ月かけてやってみました。

その感想をまとめましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

そもそも文法の基礎を分かっていないと難しい

TOEICに特化した文法本となっていますので、TOEICの問題の形式で118問。詳しい解説付きです。

その通りに、詳しい解説付き。ではあるのですが、悲しいかな、解説に出てくる用語の意味を分かっていないと理解することが出来ません。

例えば、動名詞・前置詞・所有格・不定詞・自動詞・分詞など。

所有格の意味が分かっていないと、「つまり所有格のtheirが正解です。」と書かれても「なるほど!」とは思いませんよね。(笑)

文法の基礎の基礎はコレ1冊でOK

そこで役に立つのが、37歳からのTOEIC勉強法【完全版】のステージ1で紹介されているこの本。


「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル (Mr. Evine シリーズ)」

30日間で中学の英文法が復習できるという優れものです。

37歳からのTOEIC勉強法【完全版】のステージ1では、30日間この本を取り組むスケジュールになっています。

つまり、本来はこの本を行ってから(ステージ1)、金のフレーズ(ステージ2)、そして文法特急(ステージ3)という流れなのです。

しかし、中学の英文法なんてもう分かっているだろう。という考えで、ステージ3へ進みました。
その結果、痛い目に合いました。(笑)

「文法特急」の解説を理解するために、「Mr. Evine の中学英文法〜」をやっておく。

まさしくその通りでした。

そこで2冊同時進行でやってみた

そこで、私は同時進行で、この2冊を進めることにしました。

・「Mr. Evine の中学英文法〜」は1日1つのLessonを進めていく。
(計30Lesson、つまり30日)

・「文法特急」も1日1つのLessonを進めていく。
(計7Lesson)

「文法特急」は7Lessonなので、終わったらまた最初から読み直します。

そうすると、2周目・3周目と繰り返すうちに、「Mr. Evine の中学英文法〜」も読み進んでいるので、理解がぐっと深まる感覚を毎日感じることができるのです!

これは本当に爽快ですよ。

「文法特急」は単純計算だと30日では約4周のはずですが、繰り返していくとペースも早くなるので、結果7回繰り返すことができました。

まとめ

文法について理解度はかなり深まったと感じますが、本当はあと1ヶ月かけて「Mr. Evine の中学英文法〜」を何周かしたいところです。

しかし、いつまでも進まないのもストレスになるので、37歳からのTOEIC勉強法【完全版】のステージ3の通り、「文法特急」の全部音読とTOEIC公式問題集へ進みたいと思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑