芸人界の純文学スター又吉先生がアメトーークでオススメした本とその理由

公開日:  最終更新日:2017/01/22

2016年11月10日(木)放送のアメトーークで、読書芸人として登場したピース又吉先生。

「知名度の高いタレント × 芥川賞作家」の影響力は凄まじく、又吉先生がオススメした本は次々とヒット作へと昇華されていきます。

そんな又吉先生が、今年読んだ本の中からオススメする本8冊を紹介。

これは必読ですね。

又吉先生のオススメ本1:コンビニ人間

又吉先生の次の年の芥川賞作品(2016年上半期・第155回)。

「いや、これもう素晴らしかったですね。終わり方も人それぞれで感じ方が全然違う。」

又吉先生のオススメ本2:マチネの終わりに

38歳天才ギタリストと40歳女性の恋愛小説。

「ワクワクする、男同士だったらコンビ組むやんみたいな、女性同士だったら小籠包食べに行くやんみたいな。なんかあるじゃないですか、こいつとこいつは合うっていう。」

又吉先生のオススメ本3:異類婚姻譚

「夫婦が徐々に似てくるという話なんですけど、すごいこれも笑える部分もあったり。」

スポンサーリンク

又吉先生のオススメ本4:夏の裁断

女性作家の再生の物語。

※コメントなし

又吉先生のオススメ本5:私の恋人

「何回も生まれ変わってその度に、この人が自分の恋人やってそこから生まれ変わる度にその人を探して・・・」
とコメントの途中で司会の雨上がり宮迫に遮られてしまいました。(笑)

又吉先生のオススメ本6:私の消滅

「前回、教団Xを書かれた中村文則の本。すっごい面白いです。」

又吉先生のオススメ本7:祐介

音楽バンド・クリープパイプのボーカルの尾崎世界観が書いた本。
本のタイトルの「祐介」は本人の本名で、自分の体験を元に書いている。

「売れないバンドマンが世の中に対して、腹立っていることやいらだちや焦燥みたいなものを描いている。オススメの青春小説。」

又吉先生のオススメ本8:まく子

直木賞受賞後初の書き下ろし本。
小学五年生の「ぼく」と、『まく』ことが好きな転校生「コズエ」との話。

※コメントなし

まとめ

又吉先生が紹介したことで、今後さらにヒットすることが確定した本とも言えます。

この貴重な8冊は、今年の必読本ですね。

純文学の関連記事:

純文学の定義とは?初心者におすすめの3冊をご紹介!
お笑い芸人のピース又吉が2015年上半期(第153回)の芥川賞を受賞したことで、マスコミは又吉一色に。そのことをきっかけに芥川賞に興味が湧いた方も多いのでは?芥川賞...
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑