「逃げ恥」風見さん役の大谷亮平ってどんな人?韓国で人気!?

公開日:  最終更新日:2017/01/21

TBSドラマ「逃げ恥」でのハイスペックイケメン風見涼太役を演じている大谷亮平

このドラマで初めて知ったという方も多いのでは?

これまでの経歴は?どんな人なの?と気になりますよね。

そんな大谷亮平についてまとめました。

スポンサーリンク

12年間韓国で活躍

最初は、日本でモデル活動をしていましたが、2003年に韓国のダンキンドーナツのCMに起用されます。

そのCMは、イ・ビョンホンがCMキャラクターでしたが、「その次は誰だ?」と大々的に宣伝され、大谷亮平バージョンのCMが放映されると、「韓国人っぽいんだけど、外国人っぽい。」と話題になり広まっていったとのこと。

それからそのブレイクをきっかけに、韓国へ活動拠点を移し、モデル・俳優業のキャリアを12年間積みます。

映画『朝鮮ガンマン』では「韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞」を受賞。

そして、満を持して、2016年から日本で本格始動を始め、今に至るという訳です。

実力・人気共に高く、そのため、大谷亮平が出演しているということで、「逃げ恥」は韓国でも放送されているそうです。

第2の◯◯

最初見た時は「竹野内豊に似てる・・・。」と思いましたが、世間の印象もそのようで、「第2の竹野内豊」なんて言われているようです。

しかし、2008年に韓国で映画『レッドクリフ』が大々的に上映された時には「第2の金城武」とも呼ばれていたとのこと。

「櫻井・有吉THE夜会」ではその時の写真も紹介していましたが、髪型や髭も似ていることから、「本人に寄せていってるんじゃないの?」と司会の有吉に突っ込まれていました。(笑)

また、現在の日本では、海外で主に活躍していた逆輸入俳優であることから、「第2のディーン・フジオカ」とも呼ばれています。

ダンスは苦手のよう

逃げ恥のエンディングで流れる恋ダンス動画では、ダンス姿を披露しています。

しかし、ワンテンポ遅れのどこかぎこちないダンス・・・。

そんな姿に「かわいい!」と母性本能をくすぐられている女性が多発しているようです。(笑)

本人曰く、「初ダンスだったので、本当にどうしようと・・・おそらく100回くらい踊ったんじゃないかと思います。」とのこと。(逃げ恥公式HP現場レポートより)

100回も練習したの!!とますます親近感が湧いちゃいますね。

星野源との関係

Ryohei Otaniさん(@ryo.vbps)が投稿した写真

逃げ恥の主役、星野源との関係についてですが、大谷亮平の誕生日が1980年10月1日の36歳、星野源が1981年1月28日の35歳と、実は同学年の2人。

そしてアミューズ所属と事務所も同じ。

ドラマでは恋敵で、タイプがまったく違うと思いきや、意外な共通点があるんですね。

まとめ

ご本人のインスタグラムでは日本語と韓国語の2カ国語を使用して投稿しています。

元々のファンは「日本語話してるのが不思議〜」という感想が多いですね。

日本人なのに、日本語を話している姿が新鮮に映るという不思議な現象です。

さて、「逃げ恥」では、ひらまささんの恋敵として視聴者をハラハラさせていますが、主役を食わないイケメン役って、実はとても難しいのではないのでは?と思います。

個人的には、その甘いマスクでもっとみくりにモーションをかけていって、ひらまささんの感情をかき乱して欲しいものです。(笑)

「逃げるは恥だが役に立つ」衣装に主題歌にグッズなど!情報まとめ
ガッキーのダンスがかわいい!と早くも話題の2016年秋ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS火曜22:00〜)就職先がなかなか決まらず、行き着いた先は契約結婚!?現代...
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑