逃げるは恥だが役に立つ第8話のあらすじと感想

公開日:  最終更新日:2017/01/22

今回は、みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)が一旦距離を置いて、2人の関係を考え直す回でした。

そして周りの人たちからの「名言」が多く出た回でもありました。

逃げるは恥だが役に立つ第8話のあらすじ

キスをした後、その先を求めた途端に拒絶されたみくり。

次の日から何もなかったように過ごそうとするが、何をしていてもそのことばかり思い出してしまう。

そしてついに火曜のハグの日を前に逃亡。

みくりの母が足を骨折したことを聞き、それを理由に実家に帰ってしまう。

しかし、何日か実家にいる間、両親や兄夫婦、やっさん(真野恵里菜)と接しながら、いろいろな生き方に触れ、自分の気持ちを再認識することとなる。

一方、津崎も、こんな自分は愛想をつかされて当然だと蔑んでしまっていた。

そんな中、職場の同僚、風見(大谷亮平)・日野(藤井隆)・沼田(古田新太)と一緒に飲むことに。

そこで、風見にみくりのことで皮肉を言われてしまい、意見をぶつけてしまう。

しかしその帰り、風見の考え方を知り、津崎は自分のことしか考えていなかったことに気づく。

そして津崎とみくりは電話をし、お互いの気持ちを話すことに。

みくりは、「拒絶されたことはショックだったけど、このまま終わるのは中途半端だし、もう一度戻ってきちんと話をしたい。」

津崎は、「これまで女性経験がなかった。だから失敗や怖さや情けなさなどの感情でいっぱいで、みくりさんの気持ちを考えていなかった。」と。

そして、分かりあった2人は、「火曜の分のハグをしよう!」となるが、津崎はみくりの実家、みくりは津崎のマンションに来てしまっていた・・・。

そして、ハグは明日までのおあずけに。

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ第8話の感想

今回は激しい展開はなく、お互いの気持ちを再認識することがメインでした。

切ないシーンが多かったので、笑いどころが少なくて寂しかったのですが、それはまた来週に期待します。

そして2人の周囲の人たちが、いろんな考え方や生き様を見せてくれて、愛の溢れる人達に囲まれているんだなぁと感じました。

あとは、津崎の誕生日が11月9日ということが気になります。

2人が最後にメールのやりとりをした日が10月29日なので、来週は誕生日のくだりもあるのでしょうか。

名言一覧

風見:
「簡単なもんだ、気持ち以外は。」

「相手が自信を持てないことは相手の問題」

ちがや(みくりの兄):
「自分が幸せじゃないと、人を幸せにできないよ。」

やっさん:
「男もさ、子供産めるようになればいいんだよ」

みくりママ:
「運命の相手はいない、運命の相手にするの」

「意志がないと続かないのは仕事も家庭も同じ」

逃げるは恥だが役に立つの関連記事

逃げるは恥だが役に立つの視聴率がスゴすぎる!!第1話からの推移まとめ
今やドラマの視聴率なんて、1桁台も当たり前の時代となってしまいましたが、そんな中、2016年秋ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS火曜22:00〜)の視聴率が大好調!...
「逃げるは恥だが役に立つ」衣装に主題歌にグッズなど!情報まとめ
ガッキーのダンスがかわいい!と早くも話題の2016年秋ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS火曜22:00〜)就職先がなかなか決まらず、行き着いた先は契約結婚!?現代...
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑