芥川賞「コンビニ人間」が深すぎる。その感想とあらすじ。(ネタバレあり)

公開日: 

2016年上半期(第155回)の芥川賞受賞作の「コンビニ人間」。

アメトーークの読書芸人第3弾で、オードリー若林、ピース又吉、オアシズ光浦の3人ともオススメしたという異例の本。

どんなにスゴイ本なんだろうと、すぐさま買ってきて、実際読んでみました。

そして感じたことは一つ。う〜ん、なるほど、深い

「コンビニ人間」というタイトルにも納得。

その感想とあらすじをまとめました。

芥川賞「コンビニ人間」の感想

その151ページという薄さの中に、難しい表現や、過激な性的表現はありません。

サラサラと読み進める中で、途中何度もガツンと心を揺さぶってくる言葉の数々。

ありのままでいると周囲から浮いてしまうので、周りに合わせて過ごしている主人公。

こうでなくてはいけないという常識、人の目。

息苦しいけれども、みんなそれに怯えて生きているのかもしれません。

そしてもう、怯えさえもせず、何も感じなくなってしまっているかもしれません。

例えば、「正社員として仕事をする。結婚をする。子供を産み育てる。」

この現代の日本では、それらのことを良しとされ、推奨されます。

そしてひとたび、その道から外れると、好奇の目見られ、理由を求められます。

そこに面倒臭さを感じ、何となくその道を歩んでいる人もいるのかもしれません。

しかし、もっと世の中を俯瞰して見てみると、ありのままで生きている人は必ずいて、自分を表現することで輝いている人がいる。

自分らしく生きることで、世の中に求められている人は確かにいる。

周囲の目や常識と、自身のあるべき姿のバランス。

それを深く追求することが、生きるということなのだと感じました。

スポンサーリンク

芥川賞「コンビニ人間」のあらすじ

主人公は、コンビニで働いていることで、社会とのつながりを感じることができる毎日を送っていました。

恋愛する相手も不要。

特異に見られないように、喋り方や服装も周りに合わせる。

そのバランスがとれた穏やかな日々。

しかし、それが18年経っても同じ状況だったら・・・?

本人ではなく、周りがおかしいと感じてきます。

そしてそのことが、主人公を苦しめ、周りの意見に悩み、あらゆることを試み、環境を変えようとします。

彼氏・結婚・就職活動。

周りは「やっと普通になった」と喜ぶけれども、今度は自分が自分ではなくなっていく・・・。

そして、最終的には、「コンビニで働くこと」が自分のあるべき姿だったということに帰結します。

まとめ

「コンビニで働くこと」が自分のあるべき姿だったという結末が衝撃でしたが、それは例えば、野球選手になりたい。歌手になりたい。と同等の感情。

誰かの真似でもない、自分の場所を探し続けること。そして見つけたらそこに居続けること。

これがありのままを生きるということなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑