これぞ美しい大人の恋愛「マチネの終わりに 」のあらすじと感想(ネタバレあり)

公開日: 

アメトーークの読書芸人第3弾で、オードリー若林とピース又吉先生の2人が2016年にオススメする本として紹介した本「マチネの終わりに
」。

気になって仕方がなかったので、さっそく買って読んでみました。

さらっと読める「コンビニ人間」とはまた違って、全403ページとそれなりに厚い本。

一言で感想を言うならば、「美しい大人の恋愛」

その織りなすきれいな言葉の数々と、丁寧な心理描写に酔いしれること間違いなしです。

「マチネの終わりに」のあらすじ(ネタバレあり)

38歳の天才ギタリスト(蒔野聡史)と40歳のジャーナリスト(小峰洋子)の恋愛ストーリー。

時期は、2006年の紅葉の終わりかけの頃から、2012年5月の蒔野のギターのリサイタルまでの間。

その5年半の間に2人が実際に会ったのは、たった3回。

すでに地位を築いていた蒔野、すでに婚約中だった小峰の遅すぎる出会いから始まる。

側から見れば、仲間内と一緒にご飯を食べ、楽しく会話をしただけの関係。

しかし2人は、その出会った瞬間から惹かれあっていた。

互いに、相手の気持ちはどうなのか手探りながら、そして慮りながら、自分の感情についても客観的・俯瞰的に見る。

その結果、やはり一緒に生きていきたいと決心し、これまでの環境を整理しようとする。

しかし、周りの人々や環境がそれを許さなかった。

蒔野のマネージャーに、自身のスランプ。小峰の婚約者に、仕事先で起こったテロと、そこから発症してしまった病気。

それでも心を通わせようとするが、まだ周りも許さない。

蒔野の恩師の病気、小峰の母の気遣い。

そして、ついにマネージャーの出来心が決定打となり、2人はバラバラになってしまう。

それでも時は無情に流れていく。

その中で生きていかなければならない。幸せを見つけていかなければならない。

それぞれ別々に家族を持ち、子供を持つ。

生活があり、忙しい日々がある。

そして、さらに時は流れていく。

震災があり、小峰の夫の浮気発覚と離婚があり、マネージャーからの過去の過ちの告白がある。

また少しずつ、お互いの環境と気持ちの歯車が噛み合っていく。

そして、出会ってから5年半の歳月が流れた後、2012年5月、2人は再会する。

スポンサーリンク

「マチネの終わりに」の感想

冒頭にも書きましたが、「美しい大人の恋愛」。この一言に尽きます。

お互い惹かれあっているのに、少しのズレでこんなにも関係が引き裂かれていく。

しかし、それは「点」で見た時の話であって、「線」で見ると、つまり最終的には、一緒になる。

それが、誰を籍を入れていようが、子供が何人いようが、年齢がいくつだろうが、震災やテロがあろうが。

大人な年齢が故に、「どんな環境であっても誰を傷つけようとも」といった、暴走さはない。

時間はコントロールできないけれども、時間が解決してくれる。

どんな時代や環境であっても、諦めの気持ちをどこか抱えながら人は「生き抜いている」。

そんなことを教えてくれた本でした。

石田ゆり子もオススメ

ご自身のインスタグラムにて紹介されていました。

まさに大人の女性と言えば!の方なので、ピッタリですね。

まとめ

満足感や充実感があり、読み応え抜群なので、多くの方に紹介されるのも納得がいく本でした。

まさに心を豊かにする本。

そんな本に出会えて良かったです。

「マチネの終わりに」とのタイアップCD。

読書芸人関連記事はこちら。

読書芸人オードリー若林がオススメした本はこれ!アメトーーク
2016年11月10日(木)放送のアメトーークで、読書芸人として登場したオードリー若林。今回第3弾となるのですが、前回(第2弾)が好評すぎて、出版社の方に何度かごちそ...
【アメトーーク読書芸人】1番人気の作家は誰?紹介数の多さ順にランキング!
アメトーークの大好評企画、読書芸人。これまでに第3弾まで放送され、紹介された本はなんと70冊!!それらを見ていくと、「実は書いている人が同じ」という本が意外とあ...
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑