続けられない自分を変えるシンプルな5つの方法

公開日:  最終更新日:2017/01/22

330f534ef82c23bbc4b2e0e4386347ae_m

よし!今年はこれを始めよう!

そう決めてから続けられていますか?

続けることは本当に難しいですよね。

実は、続けることは努力ではなく、工夫が必要です。
ここでは、続けるための5つの方法をご紹介します。

1. やることは小さいことにする

最初に大きい目標を設定してしまうと、続けられなくなる可能性が高くなってしまいます。

最初は簡単に出来ること、5分くらいでできることを設定し、それを1〜2週間ほど続けられたら、徐々に大きくしていくという計画を立てましょう。

これは続けられそうか?と分析することが大事です。

2. 今の習慣とくっつける

急に、新しい習慣をこれまでの生活に取り入れることは至難の業です。

始めることは出来ても、続けることは大変なのです。

続けやすくするためには、現在、すでに習慣化している行動(お風呂に入る・歯を磨く・パソコンの電源を付けるなど)と一緒に行うことです。

そうすれば、これまでの習慣が引っ張ってくれるので、習慣化しやすくなります。

スポンサーリンク

3. 完璧を目指さない

完璧を目指してしまうと、出来なかった時に自分を責め、自己嫌悪におちいり、辞めてしまう・・・。という悪循環を引き起こします。

完璧でなくていい、60%の出来を息長く。この気持ちで楽に行きましょう。

4. 記録する

行動したことを、日付のみでも良いので記録します。

そうすると、目に見えるのでやる気につながります。

また、書くことで忘れないので、次への行動でつながりやすくなる効果も期待できます。

5. 人を巻き込む

一人で頑張ろうとすると、どうしても言い訳がたくさん出てきてしまいます。

友達と約束したり、SNSで宣言したりして、応援してもらうと、自分では信じられない力を発揮することが出来ます。

まとめ

人間は飽きる生き物です。
それを努力のみで頑張ろうとすると、逆に辛くなって辞めてしまいます。

続けられないことは当たり前。

まずは、そのことを前提にすることが大切です。

そして、努力ではなく、ちょっとした工夫をして楽しく取り組むことを優先にしてください。

そうすれば、自然と「気付いたら習慣化になっていた。」と言える自分に出会えるはずです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑