「東京タラレバ娘」KEY(坂口健太郎)の、心に突き刺さるセリフ集

公開日: 

アラサー必見ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ水曜22:00〜)。

一番の見どころは、やはりイケメンすぎるKEY(坂口健太郎)と、その甘いマスクから発せられる毒舌なセリフではないでしょうか。

そんなKEYが発した心に突き刺さる言葉をまとめました。

スポンサーリンク

初対面での一言

「そうやって一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ。」

初対面でのこの一撃です。

女子同士で居酒屋で呑んでいると、後ろでその話を聞いていたKEY。

「キレイになったら」「好きになれれば」「本気出したら!」と盛り上がっている3人に向かって冷めた一言、

「女子でもないのに女子会だの、現れてもいないのにいい男と結婚だの、なんの根拠もないタラレバ話でよくそんなに盛り上がれますよね。」

一瞬で冷え切った空気になりました。(笑)

言いたいことは分かるんですが、初対面で?その言い方?と一触即発状態です。

転んだ時の一言

「いい歳した大人は自分で立ち上がれ。もう女の子じゃないんだから。」

倫子(吉高由里子)が酔っ払って転んでしまった時に浴びせられた言葉。

「好きで酒呑んで酔っ払ってるんでしょ?」

自分で立ち上がらなくてはいけないし、女の子でもないのか。。。キツい一言です。

「男なら転んでる女の子に手ぐらい貸しなさいよ!」と言った香(榮倉奈々)に同感です。

元カレに再会した時の一言

「売れたらまたヨリ戻そうなんて甘いでしょ。」

バンドマンでいつまでも売れない彼と別れた過去を持つ香。

しかし時を経て、超売れっ子になったそのバンドマンと、偶然の再会を果たします。

運命だと舞い上がったのも束の間、新しい彼女がいると分かり、奈落の底まで落ちてしまいます。

そんな香に、強烈な一撃。

「昔、涼さんが売れないからって捨てたんでしょ?で、売れたらまたヨリ戻そうなんて甘いでしょ。」

もはや、ぐうの音も出ません!

気持ちを聞きたいと質問した時の一言

「あんたとは恋愛できない。」

良く分からないままKEYと一夜を共にしてしまった倫子。

もちろん親友2人にも相談し、色々と考えた結果、自分のことをどう思っているのか勇気を振り絞って質問します。

そして返ってきた答えは、

「どうせ俺とのことをベラベラしゃべって盛り上がったんだろ?
自分(の気持ち)はどうなんだよ、こっちの気持ち先に聞いてから自分の答え出そうとしてる。」

と言い放ち、去っていきます。

なんでそうなるの!行動が裏目裏目に出てしまいます。

まとめ

正論を振りかざされ、バサバサ切られる3人娘。

言ってることは分かるし、ごもっともなのですが、その言い方何とかならんかい!(笑)

強烈な諸刃の言葉を持つ彼は、果たして敵なのか味方なのか・・・。

nicoopy
共感されたいだけなんです。

「東京タラレバ娘」を視聴するならこちらがおすすめです

Amazonビデオでは、¥324で48時間レンタル視聴ができます!

東京タラレバ娘 第1話

※Amazonビデオをモバイル端末で見るには専用アプリが必要です。
iPhone、iPad、iPod touch(OSバージョン7.0以上)
iOS用 Amazonビデオ専用アプリ
Androidデバイス
Amazonプライム・ビデオ
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑