サンシャインJOY降臨!!ガキ使で爆笑をさらったセリフ全文

公開日: 

2016年末のガキ使で、一躍大ブレイクになった斎藤工扮する「サンシャイン斎藤」

あの甘いマスクからは想像できない姿には誰もが驚き、爆笑し、そして感動さえ覚えました。

そんな斎藤工に続け!と「二匹目のサンシャイン斎藤グランプリ!」が開催されました。(ガキ使・2017年2月26日放送)

その中で優勝したのが、JOY扮する「サンシャインJOY」。

もう、涙が出るほど笑っちゃいました。

そのセリフの全文と、放送後のJOYの感想をまとめました。

スポンサーリンク

「二匹目のサンシャイン斎藤グランプリ」とは

松本人志曰く、斎藤工が大ブレイクをしたことをきっかけに、二匹目のドジョウ達が芸能界には28,000人いるとのこと。

その中でも、我こそはサンシャイン斎藤を越えられると豪語する芸能人5名が、それぞれのサンシャインを披露するというもの。

挑戦者はJOY、有村昆、遠藤章造、ボビー・オロゴン、亀田大毅の5人。

審査員長は、本家のサンシャイン池崎。

この大会を制するポイントは「声のデカさ」「フレーズのオリジナリティ」「体の反り」だそうです。(笑)

サンシャインJOYのセリフ

それでは、爆笑をさらったサンシャインJOYのセリフ全文です。

イェェェェェェェェェイ!!
空前絶後の、超絶怒涛のハーフタレント
ハーフを愛しハーフに愛された男
インドハーフ、アフリカハーフ、ハーフパンツ、
全てのハーフの生みの親
そう、我こそは、最強無敵のハーフタレント
そのあまりのハーフポテンシャルの高さに、
ヒロコ・グレース、こずえ鈴、マリアンから命を狙われている男
そう、この俺は、目玉のおやじ、平泉成、
あの日本一こすられたモノマネしかできないハーフを決める大会
こすられたモノマネしかできないハーフ-1グランプリセミファイナリスト
そう、この俺は、身長190cm、体重74kg、貯金高65万、キャッシュカードの暗証番号2121
財布は今楽屋に置いてあります、松本さん、今がチャンスです
もう一度言います、2121、フィフィって覚えてください
全てをさらけだしたこの俺は、サンシャインJOY
イェェェェェェェェェイ!!
ジャスティス!!

本人のオリジナリティさに加え、全力っぷりが素敵でした。

JOYの感想

放送後、自身のブログでもコメントを出しています。

優勝しました、やったぜ、イェェェェェェェェェイ!!ととても嬉しそうです。

▶JOYのブログ

そして、まさか大晦日に観てた斎藤工と同じ事をやる事になるとは思ってもみなかったようですね。(笑)

まとめ

年末の斎藤工が超絶面白かったし、二匹目のドジョウだし、まぁそんなに面白くないだろう、、、。

と期待もソコソコに見たのですが、結果、腹がよじれるほど爆笑しました。(笑)

松本人志も「面白かった、俺あと15人見れるわ」とコメントしていたほど。

あの元ネタを作ったサンシャイン池崎って、実は相当な実力の持ち主ではないでしょうか?

テンプレートがあって、その人のオリジナルなセリフが入れられることがミソですね。

今年はさらにサンシャイン◯◯が増えそうです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑