ユーチューバー人気ランキング!【世界版】分析して分かったこと

公開日: 

今、なりたい職業ランキング急上昇中のユーチューバー(YouTuber)。

好きなことをして億単位で稼ぐことができる、初期費用がかからず誰でも始められるといった、夢のある職業です。

日本でも、はじめしゃちょーやHIKAKIN(ヒカキン)などが有名ですね。

しかし、上には上がいるもの、世界にはどんなユーチューバーがいるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

世界で最も稼ぐユーチューバー

フォーブスが「世界で最も稼ぐユーチューバー」を2015年から発表しています。

そのため、まだ統計は2年分のみしかありません。

2015年10月発表
1位 ピューディパイ(PewDiePie)1,200万ドル
2位 スモッシュ(Smosh)850万ドル
3位 ファインブラザーズ(Fine Brothers)850万ドル
4位 リンジー・スターリング(Lindsey Stirling)600万ドル
5位 Rhett & Link 450万ドル
5位 KSI 450万ドル
7位 ミシェル・ファン(Michelle Phan)300万ドル
8位 リリー・シン(Lilly Singh)250万ドル
8位 ローマン・アトウッド(Roman Atwood)250万ドル
8位 ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino)250万ドル
2016年12月発表
1位 ピューディパイ(PewDiePie)1,500万ドル
2位 ローマン・アトウッド(Roman Atwood)800万ドル
3位 リリー・シン(Lilly Singh)750万ドル
4位 スモッシュ(Smosh)700万ドル
5位 タイラー・オークリー(Tyler Oakley)600万ドル
5位 ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino)600万ドル
7位 ジャーマン・ガルメンディア(German Garmendia)550万ドル
7位 マーキプライヤー(Markiplier)550万ドル 
9位 コリーン・バリンジャー(Colleen Ballinger)500万ドル
9位 レットアンドリンク(Rhett and Link)500万ドル

出典:Forbes JAPAN

名前の後ろの金額は年収です。

現在1ドルは114円ですから、1位のピューディパイはなんと年収17億円!!

収入源は、動画広告を始め、スポンサー、書籍、CMなど多岐に渡るとのこと。

ユーチューバーですから、最初はYouTubeからの収入のみだったはずですが、人気を得ると、相乗的に収入も増えることが分かります。

統計から分かること その1

総収入が30%増

この統計結果から分かることは、この1年で総収入がグンとアップしていることです。

2015年の上位10人分の合計額は5,450ドル、そして2015年は、7,050万ドルと、約30%も増加しています。

それだけ、今急上昇している『稼ぐことができるジャンル』ということが伺えますね。

統計から分かること その2

年齢層が若い

新しいジャンルですから、ユーチューバー達の年齢層が若いです。上位に名を連ねるのは全て20代後半〜30代。

その年代で億万長者。まさにユーチューバードリームですね。

統計から分かること その3

入れ替わりが早い

上位10位を比較してみると、なんと2015年から5人が入れ替わっています。

2016年で健在なのは以下の5人。

ピューディパイ(PewDiePie)
ローマン・アトウッド(Roman Atwood)
リリー・シン(Lilly Singh)
スモッシュ(Smosh)
ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino)

2017年は、またどうなっているか分かりませんが、現在は、この5人が根強い人気を獲得していると言えるでしょう。

まとめ

世界は広くて夢がある!

記事を書きながらそんなことを思いました。

ユーチューバーで人気を獲得するには、ただ好きなことをやるだけではなく、観に来てもらうこと、そして観に来た人を楽しませることが大事です。

つまり、多くの人が何に興味があるのか、何を欲しているのかといったマーケティング能力に長けていることが一番の秘訣ですね。

先ほど挙げた5人は、これらを究極的に突きつめ、全身全霊をかけて継続した結果、あれだけの富を得ているのだと思います。

しかし、20年前には考えられなかったことですよね。。。やっぱり夢がある!

次は、この5人についてさらに深く掘り下げていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑