関ジャニ村上信五が「雛(ヒナ)」と呼ばれている由来は?遂にしゃべくり007に出演

公開日: 

今やMCとしてのイメージが強い、関ジャニ∞の村上信五。

そんな彼が「しゃべくり007」(2017年3月13日放送)に出演されました。

出演前のTwitterでは「ひなちゃんが出る!」「ヒナのカッコよさがバレる!」などと騒がれていて、なんでヒナって呼ばれているんだろう〜と疑問に思っていたところ、番組内でご本人がきちんと説明されていました。(笑)

なぜ、名前に「ひな」なんて入っていないのにそう呼ばれているのでしょうか。

スポンサーリンク

由来はジャニーズJr時代までさかのぼる

20年くらい前、ジャニーズ事務所にJr.として入った時に、その当時の先輩(今は退所済)に「雛形あきこに似てる」と言われたことが事の発端。

「似てるからお前はヒナだ。」と言われ、それから同年代のタッキーや嵐世代からはヒナと呼ばれているとのこと。

そのため、昔からのファンにもそう呼ばれているとのことで、それでTwitterにもこのあだ名が溢れていたんですね。

確かに少し目尻の下がった可愛らしい目が似ていますね。

しかし、「実際に雛形あきこご本人にもお会いしたけれども、死ぬほど似ていないので申し訳ないと思っている。」とコメントしていました。(笑)

ちなみに、村上信五の誕生日は「ヒナまつり」と言うそうです。

ひな? なんで? ひよこみたいだから?とか思ったりしてモヤモヤしていたので、スッキリしました。

しゃべくり007のオファーは断っていた?

「キャーよりも、レギュラー1本の方が嬉しい」

「歌・演技・バラエティーなら迷わずバラエティー」

「(国分)太一くんのことは、お世話になっているけどカッコいいとは思わない」

と言い放つなど、終始安定して面白かったのですが、実は、このしゃべくり007出演のオファーは元々断っていたとのこと。

その理由は、「1人でのゲスト側は下手だから」。

いやいや、誰よりも面白かったんですけど。というかそういう風に思っていたことにびっくりですよね。

しかし、それでも熱烈なオファーがあり、見事今回の出演に至ったそうです。

ということは、実現することがなかったかもしれない、貴重な回だったんですね。

まとめ

ヒナは雛形あきこのヒナ。

単純明快でスッキリしました。

20年前のあだ名で、同世代もファンからも、ずっと呼ばれ続けている。

それだけで、いかに愛されているか、人となりが分かりますね。

「ヒナのカッコよさがバレる!」の言葉通り、面白くてカッコいい一面をたくさん堪能することができた回でした。

nicoopy
いい旦那さんになりそう!
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑