「ひるなかの流星」すずめ役の永野芽郁(ながのめい)は、あのCMの子だった!

公開日: 

累計発行部数250万部突破の大人気コミック「ひるなかの流星」の実写化映画が2017年3月24日から公開されます!!

その主演であるすずめ役の永野芽郁がかわいい〜。

これまでの経歴など、色々と調べてみたのでまとめました。

スポンサーリンク

永野芽郁の読み方と年齢と出身地

読み方は、永野芽郁(ながの めい)と読みます。「めいちゃん」や、「めいめい」と呼ばれているようです。

1999年生まれの17歳。東京都出身です。

なんと現役高校生!!

原作のすずめちゃんも16〜17歳なので、役にピッタリですね。

小学校3年生の時に吉祥寺でスカウトされ、それから現在まで、女優やモデルの仕事をしています。

子役から始めて今年で8年目なので、長い芸歴です。

身長は163cmと長身です。

本人いわく、「ひな壇芸人になりたくてこの世界に入った」とのこと。

もしかしたら、今後バラエティに引っ張りだこになるかもしれませんね。

永野芽郁はあのCMの子だった!

深田恭子と多部未華子、そしてもう一人のかわいい子が3姉妹として出演しているCM。

そう、そのもう一人のかわいい子が、永野芽郁だったのですね〜。

目がクリっとして透明感があるので、素朴な感じも出しつつ、化粧映えもする顔。

どんな役でもこなしていけそうです。

こちらは、カルピスウォーターのCM。

爽やかさ100点!です。

「ひるなかの流星」では三角関係

「ひるなかの流星」は、好きになった先生と、好きになってくれた同級生との三角関係で揺れ動く、切なくて胸キュン連続の学園ラブストーリー。

その先生役が、爽やかイケメンの代表格、三浦翔平。

先生のイメージにピッタリすぎです。

先生と☺︎ 本日もひるなかってます! #ひるなかの流星 #すずめと獅子尾先生

永野芽郁さん(@mei_nagano0924official)がシェアした投稿 –

そして、好きになってくれた同級生馬村役は、GENERATIONS兼EXILEのメンバーである白濱亜嵐。

なんと、永野芽郁はEXILEのファンと公言していたようなので、願ったり叶ったりではないでしょうか。

白濱亜嵐いわく、最後の「逆床ドン」(男の人が下からキス)が苦労したそうです。

▶原作「ひるなかの流星」のあらすじはこちら

「ひるなかの流星」映画化!原作のあらすじと結末と感想(ネタバレあり)
人気コミック「ひるなかの流星」が実写化され、その映画が2017年3月24日から公開されます!!「椿町ロンリープラネット」を読んですっかり「やまもり三香」の画力にハマ...

まとめ

「ひるなかの流星」すずめ役の永野芽郁(ながのめい)は、現役高校生の、注目度急上昇の女優兼モデルでした。

CMでも話題になり、映画では初主演を務めるなど、今年は一気にブレイクしそうですね。

nicoopy
ドラマ化もして欲しいのですが!
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑