「PとJK」映画実写化!原作のあらすじと感想(ネタバレあり)

公開日: 

大人気少女漫画、「PとJK」が映画実写化され、話題になっていますね。

Pは警察官、JKは女子高生。この立場の違った2人が恋愛するというあり得ない設定!

気になったので、原作を読んでみました。

スポンサーリンク

警察官と女子高生の出会い

これまでも、「お金持ちと貧乏」、「先生と生徒」といった立場の違った恋愛はたくさんありましたが、それがなんと「警察官と女子高生」!

非現実な設定に、感情移入できるかがまず心配でした。

そして、この2人はどうやって出会うかというと!なんと合コン!

女子高生のカコが年齢をごまかして参加した合コンで、警察官の功太と出会いいいムードに・・・。

という始まりです。

なんという背徳感・・・。

そのハラハラ感が面白さのエッセンスでもあるかもしれませんね。

さらに斬新な設定

このあり得ない立場の恋愛から、さらに斬新な展開へ。

そう、すぐ2人は相思相愛となり、「結婚」するのです。斬新!

2人の壁は、お互いの気持ちではなく、周りの環境。

まず、結婚するために親を説得したり、カコの同級生の家族の問題に踏み込んだりと、ジェットコースターのよう。

少女漫画の域を越えて、事件性のある人間関係の深い部分まで切り込んでいきます。

警察官ならではのエピソードが満載で、「恋愛」以外でも楽しむことができました。

警察官の功太がカッコいい

警察官といっても、その肩書を外せば23歳の男性。

オンの時はしっかりと任務をこなし、オフの時はカコのために尽くす。

そのギャップがたまりません。

警察官と女子高生じゃなかったらもっと普通の恋愛だったのに、と思わせないような配慮も素敵です。

困難な状況をすぐに受け入れて、どうすればいいか一番の方法を常に考え行動する。

その姿は、さすが大人です。

結末は未定

コミックは現在9巻まで出ていて、現在も連載中なので、まだまだ話は続いています。

そのため、結末は未定です。

映画ではどういう終わり方をしているか気になりますね。

ただ、すでに結婚しているので、あとは2人の気持ちが離れず、無事にカコが大人になることを待つだけのような気もします。

まとめ

警察官と女子高生という、あり得ない設定に感情移入できるか心配でしたが、主人公の背景や、周りとの人間関係を丁寧に描いているので、読み進むにつれて引き込まれていきました。

しかし、女子高生と警察官ってこんなに偶然に会う機会ある?という突っ込みどころもありますが。(笑)

「恋愛」の域を越えた、「人間関係」というテーマを掘り下げているので、読み応えのある漫画でした。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑