逃げるは恥だが役に立つの意味は?第2話のあらすじ

公開日:  最終更新日:2017/01/22

1つの需要と供給が成り立つ「仕事」として、契約結婚をすることに決めたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。

ドラマのタイトル「逃げるは恥だが役に立つ」の意味が、第2話で出てきました。

その意味を、第2話のあらすじと共にまとめました。

「逃げるは恥だが役に立つ」の意味

「逃げたって良いじゃないですか。」

ドラマのタイトルである「逃げるは恥だが役に立つ」の話題が出ました。

この言葉は、ハンガリーのことわざのようです。

後ろ向きな選択をして、恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切だということ。

就職活動から逃げるために、契約結婚をしたことも、それはそれで良いんじゃないかという津崎さんの優しい言葉でした。

第2話のあらすじ

契約結婚のことを内緒にしながら、みくりと津崎、両家の顔合わせを行うことに。

「あなたたちは名字で呼び合ってるの?」
「上司を褒めているみたいだな」

と訝しげに思われながらも、2人で決めたことだからと結婚式はしないことを認めてもらいます。

想像以上にガッカリしたり、喜んだりする家族の様子をみて、結婚という重みを感じるみくり。

しかし津崎は、嘘でも両親に安心してもらい、喜んでもらえたから、この契約結婚は有意義だと伝えます。

一方、津崎の会社でも、「電撃結婚なのにオーラがない」と怪しまれ、その疑いを晴らすために、家に招待することに。

訪れた沼田(古田新太)と風見(大谷亮平)に、なんとか新婚っぽさを見せることができ、そろそろお開きという時間に雷が・・・。

結局、大雨洪水警報で帰れなくなったので、お泊りをすることに。

みくりは、その日1人で津崎のシングルベットで眠ります。

そして次の日、沼田は帰り際にシングルベットに枕が一つしかない寝室をこっそり見てしまいます・・・。

その日の夜、津崎は自分のベットで眠ろうとすると、みくりの匂いや気配で眠れません。

実はみくりも昨日、同じように津崎の気配を感じて眠れなかったのです。

スポンサーリンク

「異論!反論!OBJECTION」の意味

「オブジェクションしている場合じゃありません。」

「朝までオブジェクションが続いたことにもまったく気づかず・・・」

とやらたらと「オブジェクション」が連呼されて気になりましたね。

「異論!反論!OBJECTION」とは、2008年までTBSで放送されていた「筑紫哲也 NEWS23」の中のワンコーナー。

その内容は、時事ネタについて、街頭インタビューで街の人に意見を聞くというものです。

そして、オブジェクションの意味は「異議、反対」という意味です。

つまり、「異論!反論!OBJECTION」は同じ意味の言葉を3つ並べているんですね。

まとめ

周囲の理解は得られないだろうと、契約結婚であることを秘密として推し進めることにした2人。

しかし、親や同僚に紹介したり、結婚式をどうするか決めたり、とやることはたくさん。

そして、様々なことを通して、結婚って2人だけのことじゃない・・・。

そう思い知らされた第2話でした。

第3話は津崎の同僚のイケメン風見さんが、存在感を出してきそうです。

これを機に2人の関係が変わっていくのでしょうか。

「逃げるは恥だが役に立つ」衣装に主題歌にグッズなど!情報まとめ
ガッキーのダンスがかわいい!と早くも話題の2016年秋ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS火曜22:00〜)就職先がなかなか決まらず、行き着いた先は契約結婚!?現代...
スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑