なぜアーティストはレキシとコラボしたがるのか?関ジャム 

公開日: 

2017年5月14日の「関ジャム」にレキシが出演しました!

アフロにグラサンに袴姿の出で立ちが気になって仕方がないのですが、そんなレキシにスポットを当てた1時間でした。

レキシといえば、椎名林檎や斉藤和義や上原ひろみなど、様々なアーティストとコラボしていることで有名です。

しかも、向こうからコラボしたいと申し込まれるとのこと!いったいなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

レキシとは

レキシとは、2007年にデビューした、池田貴史のソロ・プロジェクト。

日本史が好きという理由で、歌詞は歴史しばり。だけどその曲(メロディー)はキャッチーでスタイリッシュ。

ライブステージでの即興が多く、他のアーティストの曲をつい歌ってしまうため、ライブCDやDVDに出来ないんだそう。(笑)

ルーツはさだまさしやドリフターズ。

しゃべりと音楽と日本史を掛け合わせた、新しいスタイルです。

レキシとコラボしたがる理由

そんなレキシとコラボしたアーティストは数知れず。

その理由は本人いわく、「分からない。」と一言。

しかし、実際にコラボしたアーティスト達が答えていました。

「音楽を楽しんでいる」

ライブステージの即興に、MC力。本人もお客さんも音楽を心から楽しんでいるという空間に入りたい。

一緒にこの番組に出演していたいとうせいこうは、
「大物であればあるほど遊びってしにくいし、ライブでふざけられない。けど、本当は楽しくやりたい。だから、レキシという名をかりて遊べることが嬉しいのでは」
と分析。

つまり、「大物が音楽で遊べる場所」なのですね。

「レキシネームが欲しい」

コラボしたアーティストには、レキシネームと言って、専用の呼び名がレキシより付けられます。

例えば、いとうせいこうは足軽先生、斉藤和義は齋藤摩羅衛門、チャットモンチーは阿波の踊り子など、妙な名前が命名されます。

↓レキシネーム一覧はこの記事にきれいにまとめられています。

【あの有名人も!?】レキシネーム一覧、アーティスト別参加楽曲まとめ - NAVER まとめ
名曲の無駄遣い、人の曲やりすぎてライブDVDが絶対に出ない、で有名な、シンガーソングライター レキシ 。彼の楽曲に参加するメンバーは必ずレキシネームを与えられま...

その中でも好きなのは「織田信ナニ?」。クスっと笑ってしまいますね。

そんな粋な(?)レキシネームが欲しいと殺到しているようです。(笑)

かつての有吉弘行のあだ名のような感じですね。

「曲が名曲」

ふざけているようで、実はその曲は名曲ばかり。

秦基博からは「メロディメーカー」、斉藤和義からは「名曲の無駄遣い」と絶賛されています。

まとめ

アーティストがコラボしたがる理由は、名曲家で、音楽で遊べて、そしてレキシネームがもらえるからでした。

常に満席というレキシのライブですが、即興が楽しめる、CDやDVDにならないのでその時限定、大物アーティストが見れる、そして何よりも音楽が楽しめる・・・これは納得ですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑