「東京タラレバ娘」原作との違いは?(ネタバレあり)

公開日:  最終更新日:2017/02/08

現在、7巻まで発売されている「東京タラレバ娘」。

ドラマが待ちきれなくて、原作を全部読んでしまいました。

まだ完結していないので、最後はどうなるの・・・。とドラマが始まる前から心配ですが、原作との違いをまとめました。

「東京タラレバ娘」原作との違い:年齢

主人公3人娘のドラマでの年齢は30歳。

原作では33歳です。

30歳と33歳では、結婚に焦る感じが明らかに違うので、この年齡設定には少し残念です。

吉高由里子(鎌田倫子)、榮倉奈々(山川香)、大島優子(小雪)の実年齢が28歳なので、しょうがないとは思いますが。。。

スポンサーリンク

「東京タラレバ娘」原作との違い:身長

原作では、香より小雪の方が、身長がスラッと高いのですが、ドラマでは大島優子と榮倉奈々ですので、身長は香の方が高いです。

しかし、髪型やメガネ、服装など、雰囲気は原作に忠実です。

「東京タラレバ娘」原作との違い:目標

原作では、「6年後の2020年の東京オリンピックまでには結婚したい」というのが目標。

ということは2017年のドラマスタートだと、あと3年しかありません!

まとめ

現時点で分かっている情報ではこの通り。

キーマンとなるKEYや、サラリーマンの早坂さん、バンドマンの涼くんなんかは、本当にそのまんまです。

内容も原作よりは少しマイルドになるとは思いますが、同じようにグッサリと刺さるドラマを期待しています。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク
PAGE TOP ↑